gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



スポンサーサイト

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

アッテネーターを使わずに音量を絞る方法。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でフルチューブアンプヘッドを鳴らしたい。
でもアッテネーターは高くて買えない。
そして結局邪魔になるのが嫌だ・・・。

そんな方にアッテネーターを使わずに音量を絞る方法。
とりあえずアンプの音量をどう絞るか、というのを予算別に上げていきます。
ま、一応記事なのでアッテネーターも含めて比較していきましょう。

1.おとなしくアッテネーターを使う。

THD / HOT PLATE 8Ω アッテネーター 《代理店欠品中/次回入荷時期確認中》

Crews Maniac Sound  / GB-VI アッテネーター

上記のようなアッテネーターをおとなしく使うという方法は、
最低でも予算は3万円くらい必要。
尚且つ、1ヴォリュームのアンプだと結局あんまり音が小さくならない。

しかも、音質劣化がすごーく気になる人には向かない。
というデメリットも。初期投資が割と大きいので、
万が一気に入らなかったら正直ガッカリですよね。

ただ、予算に余裕があるならアッテネーター導入と、
これから紹介する方法を合わせて使うと効果的です。

2.キャビを小さくする。

412キャビより212、212キャビより112キャビの方が音が小さくなります。
まぁ当然といえば当然なんですが。

JET CITY スピーカー・キャビネット JETSTREAM ISO12USB

キャビ以外にも上記のようなサイレントボックスを使って、
ミキサーへ流してからモニタリング、という手もありますが、
これまた予算が結構かかります。

サイレントボックス自作は結構面倒くさいですしね。
単純に112キャビや、110キャビなどを使うとかなり音が小さく感じます。
ただ音の迫力とか、そういう面ではやはり劣ってきます。

3.エフェクターで音量を下げる

実はアッテネーターを使わずに音量を下げることが出来るわけです。
ODやディストーションなどを使うと良くわかります。
この方法なら1ヴォリュームのアンプでも歪ませることが出来、
尚且つ音量も絞ることが可能です。

Wampler (ワンプラー) [ ピナクル デラックス ] Pinnacle Deluxe

BOSS OD-3 オーバードライブ エフェクター

LEVEL調整が出来るODやディストーションなら、何でもOKですね。
1987Xなどの男らしい1ヴォリュームアンプでも自宅で弾けるようになります。

私は結局この方法に落ち着きました。
ペダルのVOLで絶対的な音量調整をしてしまえばいいわけです。

例えば1987Xなどの場合ペダルのVOLノブはほんの僅かに上げる。
アンプのVolは4くらいまで、という使い方が可能です。

アンプへの負担?
アッテネーターを使ってフルボリュームを
長時間続けるよりはましかとおもいます。

同様に歪みペダルじゃなく、ディレイやイコライザ、
各種VOL調整が出来るペダルであれば何でもOKです。

多分既に足元に色々ペダルがあることでしょうから、
初期投資も少なくて済みます。


4.番外編


例えばアンプにマスターボリューム、
プリ部にVOLとGAINがあるとします。

この場合歪ませたい量までGAINを上げます。
次にマスターボリュームを上げます。
音量の微調整はプリ部のVOLで。

という使い方もありますので、お試しあれ。

スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

POD HD300用メタルプリセット配布。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

POD HD300用のメタルプリセットです。

POD HD300メタルパック

オーディオリーフ・マイスペースの曲に、
私が使用している音がこれです。
モデリングはMESA・FIREBALL・Bognerの3つ。
FULLでの設定になっていますので、仕様に応じていじってください。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

動画で見るオクターブチューニングのやり方。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

わかり易いので、今まで良く分からなかった人は是非。





なんでも動画で見るとよりわかりやすいですな。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

イコライジングを突き詰めてみる。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

イコライジングはギタリストを最後まで悩ませる問題です。
音作りは一応「ここをいじればこうなるだろう」をはっきりさせておくとやりやすいはず。
なんとなく雰囲気で調整するのもいいんですが、ここらで一つまとめてみましょう。

*注意:以下に記述する内容がパーフェクトだとは限りませんのであしからず。。


▼100Hz以下▼ ☆気持ちいい低音感までブースト上げすぎ注意

音圧感と、腹に来る音を調整。上げすぎは禁物なポイント。
6dbもブーストするとブーミーになってしまう。
ポイント的には30Hz~80Hzあたりをほんの少しいじるくらいのレベル。
適度な調整で音に固まり感が出るイメージです。

▼200Hz▼ ☆開放弦がぼやけない程度にブースト

パワーコードをガシガシ弾くならこの帯域を微調整。
100Hz以下と同様上げすぎるとブーミーな印象、かつ音のまとまりが無くなります。

▼300Hz▼ ☆ややカット傾向

後述の400Hzと同じくギターではもっとも美味しい帯域。
粘り感や、音ヌケにもかかわるポイント。
最近のモダンな音作りではカットよりもブースト傾向。
300Hzをややカットして400Hzをブーストするのもおいしい。
ウォームな音にしたい場合は大胆にブーストするとその違いが良く分かる。

▼400Hz▼ ☆300Hzでカットしたら補うようにブースト

300Hzと同様にギターでは絶対いじりたい帯域。
カットでドンシャリな音ヌケが悪くなる音に、
ブーストでは音がモコつく印象に。
自分が感じる最高のポイントに合わせるのがなかなか難しい。
音の芯にもかかわるポイントなので、
低音域をいくら上げても、300Hz~400Hzあたりの調整ができていなければ、
腰砕けの音になってしまう。

▼600Hz▼ ☆400Hzでのブースト量に合わせてブースト

個人的にここの帯域が調整できるとかなり音作りの幅が広がると思ってます。
638Hzあたりを300~400Hzと合わせて調整すると音の芯がハッキリして、
尚且つ腹に来るヘヴィサウンドが作れます。
私はイコライザーを使うときはこの帯域をややブースト傾向で。

▼800Hz▼ ☆600Hzのブースト量よりやや大きめにブースト

あまいリードサウンドのときはここをグッと上げてやるといいと思います。
メタルなサウンドを操るならここも押さえておきたいポイント。
300Hz~800Hzまでが音抜けにも直接かかわってきます。

▼1KHz▼ ☆ここはカット傾向でもいい

上げすぎると高音がシャリシャリ、下げるとローとミッドが目立つ。
全体の印象で微調整する必要が出てくる帯域。
最初はヘタにいじらずフラットかややカット傾向で2KHz以上をいじる方が楽しいかもです。

▼2KHz▼ ☆高音のギラツキが出はじめるまでブースト

基本的にはお好みで、という帯域。
ガッツある音にするならややブースト。
カットしてもいいけど、その場合は音作りが結構複雑に。
1KHzをいじらない場合はこの帯域は気持ちブーストがいいと思います。

▼3KHz▼ ☆上げすぎ注意聴き疲れの要因はここから

3KHz~4KHzは聴き疲れの要因ともなってくるポイント。
またヴォーカルとの兼ね合いでも難しい帯域。
基本的にはアタックの感じと、音の存在感がここまでで満足いっていれば
触らない方がいいかもしれません。

▼4KHz▼ ☆3KHz同様の扱いで

音のギラツキやブライト感、アタックの強さなんかを微調整。
基本的にはあんまり触らないでもいいと思ってます。

▼5KHz~8KHz▼ ☆プレゼンスの役割はだいたいここ

所謂「高音」とはここから。ブーストすると音抜けがよくなります。
低音やミドルとの兼ね合いでも印象がやや変わりますが、
基本的には多めにブーストしてあげる方向でいいと思います。
これ以降の帯域はそうそういじることがないと思います。

とまぁこんな感じでしょうか。
個人差は当然あると思いますが、イコライジングはできるだけなだらかな曲線を
描くように調整してやるといいと思います。

本来ギターなんかでは「カットする方向で」音作りをするのが一番です。
出すぎているところを削る、というイメージでやると
自分の出したい音へ直ぐにたどり着けるはずです。

アンプによってもいじれる帯域が違いますが、
美味しいポイントは必ずあります。
一度にいじろうとせず、少しずつ時間をかけて音作りしてみてはいかがでしょうか。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

もう失敗しない! 正しい弦高さ調整。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターは弾いてなんぼ、ということで弾きっぱなしになってませんか。
「どうにもこのギター弾き難くて・・・。」と思ってませんか。
連休ですし、まずはギターの調整をしっかりやってみましょう。

もう迷わない、失敗しない調整方法をお教えします。

弦の高さを最適に調整してみましょう。
弦の高さによって弾き易さは変わってきますが、
「ベター」な状態に合わせてみましょう。

1.12フレット、もしくは14フレットの弦の高さを測ります。
2.1弦で1.5mm~1.7mmに、6弦で2.0mm程度になるよう調整します。

necka.gif

あくまで「全てのフレットでベターな音を」ということになりますから、
すごく弾きにくい、と思ったらもう少し低くしてもいいでしょう。
また指板のアールによっても若干調整が異なってきます。

ある程度の弦の高さをキープしないと、どうしても「詰まる」もしくは、
サスティンが伸びないポイントが絶対に発生します。

上記の「ベター」な設定で弦がビビルならネックの状態や、
ピッキングの「まずさ」を疑っていいと思います。

次はネックの状態がベストかどうかを見ていきましょう。

1.弦を張り、Eのレギュラーチューニングをする。
2.1弦1フレットを押さえたまま、そのギターの最高フレットを押さえる(22Fなら22Fを押さえる)
3.この状態で8フレットの弦高を0.3mm~0.5mmになっているのを確認。

neckc.gif

4.弦の高さがこの高さになるよう「やや順反り」にネックを調整します。
5.トラスロッドを「しめ込む」とネックは逆反りに、「緩める」と順反りになります。

neckb.gif

次にハーモニクスの調整を行いましょう。

1.12フレットを押さえた時の実音と、12フレットのハーモニクス音を出します。
2.ハーモニクス音を基準として、実音が低ければブリッジをヘッド側へ。
3.ハーモニクス音を基準として、実音が高ければブリッジを反対側へ。

お次はピックアップの高さ調整です。
これは好みにもよりますが、弦との高さが3mm~5mmくらい。
余裕をもって調整しましょう。
ポールピース(ピックアップの音を拾う丸い部分)の調整はマイナスドライバー・六角レンチ。
ピックアップ自体の高さはプラスドライバーで調整することが一般的です。

ピックアップと弦が近いほど音量は大きく、歪みも増しますが、
サスティンの現象や、音のビビリの原因、音ぐもりの原因になります。
ピックアップと弦を遠ざけるほど、クリアでサスティンへの悪影響もなくなり、
歪み成分も少なくなりますが、パンチの無い高音のかけた音になります。

基本、私の場合は最初に覚えた「Ibanez式」を採用しています。
コレがいいか悪いかは別として、一つの方法として覚えておくとよいでしょう。
IbanezサイトでPDFで閲覧できますから、印刷しておくといいのではないでしょうか。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

 | 激鉄TOP |  次のページ»

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。