gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



スポンサーサイト

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

レコーディングで音圧を上げる。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

レコーディングを自分でしたことがある人は分かると思うが、
普通に録音してミックスしただけの曲は音量が小さく、迫力に欠ける。
生演奏時のダイナミクスすらも失われ、なんだか薄い感じに聴こえたことは無いだろうか。


プロのレコーディングしたCDとアマチュアレコーディングのCDでは、
同じ音量で聴くと明らかに音の小ささが目立つはずだ。


マスタリングでの最終レベルを上げきれていないことが一つの要因だが、
実際にレベルだけ上げると音が割れてしまう。
これはクリップを超えた音が割れ始めることで「歪み」などの不快なノイズになる。
では、どのように音圧を上げればいいのかというと、
小さい音を上げる、ノーマライズしてやることと、大きな音をコンプレッサーで
圧縮してやることで、クリップギリギリまでレベルを上げることが可能だ。
他にもイコライザーでキーとなっている帯域をカットするなど、色々方法はある。


まずはコンプレッサーのパラメーターの説明をしておこう。
スレッショルドは小さい音と大きい音の境界を設定するパラメーターだ。
この値は概ね-15dBあたりまでの設定でやめておくのが吉。
アタックはスレッショルドで設定した値を超えて、すぐに圧縮を始めるか、
それとも少し間を空けてから圧縮をはじめるかを決めるパラメーターだ。
ドラムなどは「叩いた瞬間」の音が一番大きいので、間を空けて圧縮すると
おかしなことになってしまうので注意だ。


レシオは大きい音をどれだけ小さくするかを設定するパラメーターだ。
音圧を上げるという観点から言えば、大きい音はなるべく圧縮した方がいいので
この値は不自然になる寸前まで設定すると効果が良く分かる。
リリースはスレッショルドで決めた値を下回っている場合の動作を
どうするかを決めるパラメーターだ。
リリースの値を小さくするとスレッショルド値を下回ったらすぐに圧縮をやめる。
リリースの値を大きくするとスレッショルド値を下回ってしばらくしてから圧縮をやめる。
この動作のタイムラグ設定がリリースだ。
リリース値はかなり設定が難しい。


原則的には「音の迫る感じ」を出したい場合は短く設定するわけだが、
若干不自然になりやすい。ここも自分の耳を信じて設定することをオススメする。


とまぁ、ざっと書いたが時間のあるときに実際の波形もサンプルで
見たり聴いたりできようにしておきたいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

エフェクターでドンシャリサウンド。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ドンシャリサウンドと言っても、一昔前のサウンドと今のサウンドでは異なる。
前のドンシャリサウンドはMETALLICAに代表されるような「純粋メタル」の音。
今のドンシャリはPANTERAに代表されるような「モダン」な音。


ゆえに、ミッドをザックリカットして、ハイとローをブーストするだけでは
抜けも悪いし、ライブでは本当に酷いことになる。
ドンシャリサウンドの核はミッドにあるということを再認識しないといけない。


ではどうするか。まずはとりあえずアンプのセッティングからだと思う。
アンプ側で歪ませず、エフェクターだけに頼るとヌケの悪い低品質なサウンドに
なることも多いが、しっかりしたイコライジングが出来ればこれは解消できる。


アンプで歪ませない、つまりクリーントーンの作り方が非常に重要だ。
アンプのローを持ち上げすぎない事。これが大事。
ローのキメはエフェクターに任せよう。
それでも足りない場合はバンドアンサンブルの中で「突出しすぎない」程度に持ち上げる。
エフェクターで音作りをする場合、アンプ側のセッティングは、
本来ニュートラルな位置が基本。しかし、アンプ側での積極的な音作りが、
最終的な出音を決める要素にもなる。


ヌケが悪い、こういう場合はミッドを若干あげて、ハイも上げる。
ローは気持ちカットしてやる。
低音が足りなくなった場合はミッドを少しばかりカット。
聴こえる音だけがドンシャリサウンドを決定付けるわけではなく、
音の反響や、耳では聴こえない周波数がサウンド全体の「核」になっていることもある。


まずはモダンなクリーントーン作りから始めてみることが近道になるかもしれない。


関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

Sonicware CELDRIVEが面白い。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

Sonicware CELDRIVEは画期的だ。
音質面ではサンプルを聞いた限りではちょっとまだあと一歩感があるが、
これは凄い可能性を秘めていると思う。
当然ライン録音なんかも出来るようになっているので、これは是非煮詰めて欲しい。
自分でエフェクターを作るという新感覚のストンプボックスだ。





ちなみに現時点で後2個!
詳細は以下動画よりどうぞ~。



メーカーサイト »

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

PRSのロックチューナー。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

PRSはシュパーゼルのような裏側から回すロックペグではなく、
ポストの頭を回すことでロックするタイプのチューナーがある。
これはステキだ。

inrei03.jpg


やっぱり弦交換やチューニングの安定性を考えるとロックペグがいいと思う。
その中でもPRSのチューナーは面白いと思うなぁ。
シュパーゼルなんかは明らかに音質が硬質になるらしいが、
こういう仕組みのロックペグならば、比較的音色に与える影響は少なそうだ。


にしてもインレイがかっこいいねぇ。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

自己流ギターの選び方。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、どういう基準でギターを選んでいるだろうか。
私はまず、木材やその詳細なスペックから判断する。
そして試奏出来る場合は試奏し、その鳴りを確認する。
基本的にはそんな感じ。


が、やっぱり他にも見るべきところはある。
例えば木目。ギターは楽器であると同時に工芸品であると思っているので、
「魅せること」非常に重要だ。ライブなんかで見た目が映えるものがいい。


他にはインレイ。これは最重視。
ドットインレイもいいが、やっぱりギターには個性が必要だ。
PRSなんかのバードインレイなんかは綺麗だ↓

inrei01.jpg


が、やっぱり本当はデザインインレイが欲しい。
Fujigenなんかのデザインインレイはステキすぎて、これだけで欲しくなる。

inrei02.jpg


ああ、いいなぁ。こういう派手なインレイがいいなぁ。
Fujigenでオーダーするときはインレイはこういうのにしよう。


後はヘッド形状。これもストレートなものはあんまりスキじゃない。
6弦で言えば、ヘッドの左に3本のポスト、右に3本のポストが配置されているのが望ましい。
ただ、ギブソンのようなヘッドは好みではなかったりする。
PRSやシェクターなんかのデザインが好きだなぁ。


とまぁ、色々検討しちゃうわけでだんだんと市販品では要求を満たすものは
見つからなくなってくる・・・。
スペックとしてはマホガニーバック・キルテッドメイプルトップ。
ローズウッド指板、ネックは欲を言えばカーリーメイプルがいいなぁ。
で、ロックチューナーとピックアップはEMG。
弦は裏通しがいいなぁ。
ああ、やっぱりオーダーしかないんだよなぁ。


関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

 | 激鉄TOP |  次のページ»

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

年別アーカイブ一覧

プロフィール

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。