FC2ブログ

gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



ギターの弦による音の違い聞き比べ。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

http://www.electricguitar.jp/data_024b.html

上記でギター弦による音の違いを比較できます。
実際に聴き比べが出来るのはありがたいですね~。

関連記事
スポンサーサイト



この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

スペックから見るピックアップ。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ選びの基礎知識、第二回はスペックです。
ピックアップのスペックはなかなか見方が分からないものです。

ピックアップで見るべきスペックは以下のとおり。

1.出力
2.マグネット
3.直流抵抗値

です。メーカーによってはトレブル・ミッド・ベースを出しているところもありますね。


ピックアップの出力がまず検討材料の一つですね。
一般的なハムバッカーの出力は約191mvくらいとなっています。

多分10万円前後のハム・パッシブピックアップ搭載のギターは、
これくらいの出力だと思われます。
Gibsonのハムバッカーが大体このくらいです。


ピックアップ交換で音を大きく、メリハリあるものにしたい場合は、
今付いているピックアップのスペックをよく知らなくてはいけませんね。
直流抵抗値を見れば、大体傾向が分かります。
テスターがあればいいんですが、目安となる抵抗値を紹介しておきましょう。

直流抵抗値が5kΩ~10kΩのスペックは主にビンテージスタイル、
直流抵抗値が10kΩ~16kΩのスペックはハイゲインサウンド向き、

といったイメージです。


マグネットがセラミックかアルニコかでも変わってきますから、
今のピックアップよりも「どうしたいのか」を決めることから始めましょう。






写真はDimarzioのハムバッカーDP207 D-Sonic です。
これは出力が390mvと高出力のモデルですね。
マグネットもセラミックが使用され、直流抵抗値は11.96kΩとなっています。

一方トレブル・ミッド・ベースの値は差が大きくなく、
「どんなジャンルでもそつなくこなせる高出力のピックアップ」だと推測できます。





写真はVaiモデルとなるDimarzioのDP159 Evolution Bridge です。
これもスペックを見ると出力が404mvと大出力のセラミックピックアップです。
直流抵抗値も大きく13.84kΩとなっていますね。

これもまたトレブル・ミッド・ベースの差が少ないので、
機材で調整できるピックアップということになるでしょうか。





写真はビンテージサウンドを意識したDimarzioのDiMarzio PAF です。
出力は250mvと一般的なハムバッカー並、マグネットはアルニコVです。
直流抵抗値も7.31kΩと小さいですね。

このようにスペックとメーカーの制作方針でピックアップは選んでいきます。
しかしながら、実際には「イメージした音と違う」こともしばしばですから、
ピックアップ選びは難しいわけですね。

出来ればいくつか試したいところですが、なかなかそうもいきませんから、
自分の持つギターに合うかどうかはスペックやメーカーの説明で
ある程度想像することしか出来ないわけです。


悩ましいピックアップ選びですが、手っ取り早く「メタル」ならば、
EMGが一番というオチがついたり・・・。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

 | 激鉄TOP | 

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2009-02 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓