FC2ブログ

gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



BOSS DD-20 買っちゃいました。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

BOSS DD-20 ディレイ ギターエフェクター

昨日島村楽器でRE-20とDD-20をチェック。
DD-20をお持ち帰りしました。
サイズはでかいんですが、Cygborg delayよりは小さい。
消費電力200mAということで決定。

後は右側のペダルでメモリーしたプリセット切り替えが出来るのも、
今バンドでやっているジャンルに合うということで。

RE-20も試したんですが、あっちはトリッキーなことを
するなら相当に楽しそうな予感でした。
普通にディレイとしても使えるような感じでした。
OD-3を前段に繋いで試しましたが、不自然な感じはせず。

DD-20にも実はRE-201のモデリングが入っている上、
ディレイとしてなかなか秀逸だったので、こちらを選択。

ディレイのかかり具合はクリア。
このあたりの機種はどれを買っても効きはクリアなんでしょうね。
使い勝手も簡単なのはさすがBOSSといったところ。
センドリターンへ入れる場合の入力・出力レベルも変更できます。
最大23秒のルーパーもあって、オーバーダブも可能。







Novarepeaterとディレイの音はどっちがいい?
と言われたら結構困っちゃいますが、いい勝負だとは思います。
機能性でいえば遊べるのはDD-20。

これで当面欲しかったエフェクターは揃った感じ。



関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

アッテネーターを使わずに音量を絞る方法。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でフルチューブアンプヘッドを鳴らしたい。
でもアッテネーターは高くて買えない。
そして結局邪魔になるのが嫌だ・・・。

そんな方にアッテネーターを使わずに音量を絞る方法。
とりあえずアンプの音量をどう絞るか、というのを予算別に上げていきます。
ま、一応記事なのでアッテネーターも含めて比較していきましょう。

1.おとなしくアッテネーターを使う。

THD / HOT PLATE 8Ω アッテネーター 《代理店欠品中/次回入荷時期確認中》

Crews Maniac Sound  / GB-VI アッテネーター

上記のようなアッテネーターをおとなしく使うという方法は、
最低でも予算は3万円くらい必要。
尚且つ、1ヴォリュームのアンプだと結局あんまり音が小さくならない。

しかも、音質劣化がすごーく気になる人には向かない。
というデメリットも。初期投資が割と大きいので、
万が一気に入らなかったら正直ガッカリですよね。

ただ、予算に余裕があるならアッテネーター導入と、
これから紹介する方法を合わせて使うと効果的です。

2.キャビを小さくする。

412キャビより212、212キャビより112キャビの方が音が小さくなります。
まぁ当然といえば当然なんですが。

JET CITY スピーカー・キャビネット JETSTREAM ISO12USB

キャビ以外にも上記のようなサイレントボックスを使って、
ミキサーへ流してからモニタリング、という手もありますが、
これまた予算が結構かかります。

サイレントボックス自作は結構面倒くさいですしね。
単純に112キャビや、110キャビなどを使うとかなり音が小さく感じます。
ただ音の迫力とか、そういう面ではやはり劣ってきます。

3.エフェクターで音量を下げる

実はアッテネーターを使わずに音量を下げることが出来るわけです。
ODやディストーションなどを使うと良くわかります。
この方法なら1ヴォリュームのアンプでも歪ませることが出来、
尚且つ音量も絞ることが可能です。

Wampler (ワンプラー) [ ピナクル デラックス ] Pinnacle Deluxe

BOSS OD-3 オーバードライブ エフェクター

LEVEL調整が出来るODやディストーションなら、何でもOKですね。
1987Xなどの男らしい1ヴォリュームアンプでも自宅で弾けるようになります。

私は結局この方法に落ち着きました。
ペダルのVOLで絶対的な音量調整をしてしまえばいいわけです。

例えば1987Xなどの場合ペダルのVOLノブはほんの僅かに上げる。
アンプのVolは4くらいまで、という使い方が可能です。

アンプへの負担?
アッテネーターを使ってフルボリュームを
長時間続けるよりはましかとおもいます。

同様に歪みペダルじゃなく、ディレイやイコライザ、
各種VOL調整が出来るペダルであれば何でもOKです。

多分既に足元に色々ペダルがあることでしょうから、
初期投資も少なくて済みます。


4.番外編


例えばアンプにマスターボリューム、
プリ部にVOLとGAINがあるとします。

この場合歪ませたい量までGAINを上げます。
次にマスターボリュームを上げます。
音量の微調整はプリ部のVOLで。

という使い方もありますので、お試しあれ。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

再びディレイに悩む。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

衝動買いしたRocktron Cyborg delayがでかすぎるので買い替え予定。
ボードに収まらないので、無念極まりないところ。
音質の良さと、HUSH機能などサイズ以外に問題点が無いから余計に・・・。

t.c.electronic / Flashback Delay & Looper (エフェクター ディレイ) 【メーカー在庫依存商品】【 送料無料!】

最近購入した、という人も増えてきたので
相変わらず一番気になっているのはt.c.electronic Flashback Delayです。
ただ価格考えるとNova repeaterとほとんど変わらず。
Nova repeaterは最近値崩れ起こしてるので、
かなりリーズナブルなんですよね・・・。

■新品 T.C.Electronic ノバ リピーター NOVA REPEATER RPT-1

ただ一度買った機材は二度買わない縛りをしているので、
同じディレイは避けたいところ。
Nova delayがもっと安くなればいいんですがね・・・。

★Digitech/Delay / Looper DL-8

値段が高すぎる気はしますが、
Digitech DL-8なんかも良さそう。
ヤフオクなどで安いときは1万以下から中古狙えます。

新品でも16,000円くらいから。
なので、一応候補ということで。

よく考えるとルーパーは要らないんじゃないかとか。
まぁあってもきっと使わないことが多そう。
とりあえずFX Levelが調整できるものであること、
これが大前提ですね。

ゴールデンウイーク明けまでには調達したいと考えているところ。


関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

Hughes & Kettner Tubemeister 18 Head。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

先日もお伝えしたMusikmesse 2011でデビューした、
Hughes & Kettner Tubemeister 18 Head のデモが来てましたね。





ちっこくて、光って、ケトナーの音。
国内価格がいくらになるか注目ですねぇ。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

Empress Effects Multidriveはやっぱいいかも。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

以前もご紹介したEmpress Effects Multidriveですが、
色々詳しいデモが出始めてます。割といいかもですねこれ。


Multidriveの主な特長

完璧なアナログサーキット - イノベーティブなアナログのシグナルパスを徹底。
ゲルマニウムダイオード、BJTアンプ、FETなどを駆使したアンプトーンを実現。

無限のサウンドメイク - ファズ|ディストーション|オーバードライブ
の3タイプの歪トーンはブレンド&ミックスが可能。
ブレンド時には各セクションにハイパス、
またはローパスフィルターが選択できるため、
低域だけをオーバードライブの成分が、
高域だけをファズの成分が担うようなミキシングが可能。

クラシック・ファズ - スムースでリッチなサスティーン
を持つ正にクラシックロックの響きを持つファズセクション。
他のセクションとのブレンドによってサウンドのエッジ感をを演出可能。

ビンテージ・オーバードライブ - 個性的で正にEmpressオリジナルの
オーバードライブサウンド。心地よいコンプレッション感を持った
チューブアンプサウンドを高いレベルで再現。

守備範囲の広いディストーション - 3つのモード(Crunch/Mild/Lead)
によってハイゲインのリードサウンドから、
甘く決め細やかなクランチまで自在にこなすディストーションサウンド。

エレクトリックベースにも最適 - ベースでも最高のサウンドになるよう設計。
クリーンなベースサウンドとヘビイな歪サウンドをブレンドすることで
アグレッシブでパンチ感のあるサウンドをクリエイト可能。

最高品位のEQとOutput - 定評の有るEMPRESS EQを搭載。
スムースサウンドのハイ&ロー・シェルビングEQ、
3つの周波数をセレクト可能なミドルEQで自在のサウンドコントロール。
最終アウトプットレベルもコントロール可能なマスターセクションを構成。

True Bypass - トゥルーバイパス設計
プリセット - Selectスイッチではファズ|ディストーション
|オーバードライブの3タイプのトーンの組合せをプリセット可能。

コンパクトな筐体 - 114mm × 89mm ×53mm
のコンパクトな筐体に機能を凝縮。

9V DC (Negative tip) BOSSタイプ ACアダプター仕様(別売)











イコライザ部分がかなりイイ出来ぽい。
価格がなかなかイイトコ付いてるんですよね・・・。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

««  | 激鉄TOP |  次のページ»

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2011-04 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓