gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



スポンサーサイト

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

Randall RM100KHレビューインプレ。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、先日購入したRandall RM100KHについてもう少し詳しく。

01rm100.jpg

バイアス調整は背面パネルから、COMMONとTEST POINTという穴に
テスターを挿してBIAS ADJUSTで調整。
ウルトラ簡単・安全。

02rm100.jpg

全てのパワーチューブで調整が簡単に行える画期的な仕組みだと思います。
他社もこれは是非見習っていただきたい。
安全にバイアス調整が自宅で行えるようになることで、
フルチューブアンプのランニングコストも下がるかと思います。

03rm100.jpg

エフェクトループは2系統。
シリーズ・パラレルを選択でき、
フロントパネルのコントロールでエフェクトのレベルを調整できます。

04rm100.jpg

世界中どこでも使える、というマルチヴォルテージ。
内部のネジを回すことで、各国に対応。

05rm100.jpg

さて、フロントパネル。
見た目はカッコイイんじゃないかと思います。

06rm100.jpg

全てのモジュールにGAIN・3バンドEQ・VOLがついてます。
またブライトスイッチが一般的には採用されます。
モジュールによってはミッドヴォイシングや、ゲインブーストスイッチが
搭載されるので、それによって「ツマミ」も
干渉しないように丸型が採用されるものも。
KHの場合はチキンヘッドノブ。

07rm100.jpg

マスターセクションはプレゼンス・低音コントロールのデンシティ、
エフェクトレベル・マスターボリュームです。
マスターセクションも割と充実している感じ。
結構音量を絞れます。

イコライジングセクションは全て12時位置がセンター。
左回しでカット、右回しでブースト、となってます。

08rm100.jpg

取説から抜粋。
バイアス調整は自分でもできるよー、と書いてあります。

09rm100.jpg

パワー管を載せかえる場合のバイアス調整の目安まで書いてあります。







とりあえず、こんな感じ。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

メタルコメント

メタルコメントの投稿

 *注意:コメントは現在キーワード制限を取り入れております。

メタルトラックバック

http://gekite2.blog83.fc2.com/tb.php/1328-d1640e07

 | 激鉄TOP | 

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。