gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



スポンサーサイト

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

フルアップトーンを自作する。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

フルアップトーン。トーンツマミを全開にしたとき、抵抗を通らずにバイパスとなるポット。
これが結構高い。1,800円~の価格でちょっと手を出しにくい。
しかしながら、トーンポットをバイパスした場合の音抜けは魅力的だ。
が、実際にはトーンポットを配線せずにバイパスするとコンデンサーを試せなくなるw


理屈上は単に「抵抗部分を通らないようにする」だけなので、
加工に踏み切ってみた。


pot01.jpg

加工前のトーンポット。まぁ500円程度なので惜しくは無い。予備もあるし。


まずは裏返してツメを外し、裏蓋を取る。
細いマイナスドライバーなんかがあればすぐに外れるはずだ。
ツメは4つある。


pot02.jpg

ハイ、ポロり。
ポットというのは「可変抵抗」なので全部仕組みは同じだ。
外周を抵抗素材がぐるりと回っていて、ノブを回すと、内回りの金属端子がグリグリ動く。
ただそれだけなんだが、これって考えた人すごいよね。


pot03.jpg

理屈上フルアップトーンがバイパスになるのは、トーンを全開にしたとき、
つまり画像ではポットの3つ付いている足の一番下にノブの端子が来たときだ。
なので、白矢印の部分の抵抗素材を削ればよろしい。
とりあえず確認のため蓋を戻し、ちゃんとフルアップ時に矢印のところにノブの端子が
来るかどうか見てみた。


pot04.jpg



あれ?

( ゚д゚)?

あれ?

なんかフルアップのときに 抵抗の上に端子が無い


これは、どうなん。
まぁ一応削ってみたけど。
おかしいな。そもそもフルアップトーンの仕組み自体別物なのか。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

メタルコメント

メタルコメントの投稿

 *注意:コメントは現在キーワード制限を取り入れております。

メタルトラックバック

http://gekite2.blog83.fc2.com/tb.php/269-c2647762

 | 激鉄TOP | 

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。