FC2ブログ

gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



ギターの材質での音の違い。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

当然ギターはその木材で音が変わる。
もうビックリするくらい違う。そこら辺の素人が聴いても分かるくらい違う。
値段と音はほぼ比例すると思って間違いないだろう。
音抜けも木材でほとんどが解消する。


今回はちょっとギターの木材に関するネタだ。


ホンジュラス・マホガニー、というのはよく聴く名前だと思う。
個人的にはボディは絶対にマホガニーがいいと思っている。
マホガニーの特性は音域レンジが広く、音抜けが良いと言われている。
特にマホガニーの中でもホンジュラス・マホガニーは最高級の材木の一つ。
中音域特性に優れ、ライトで明るい音色を持つと言われる、ギターの
バック材で「高級ギター」に良く使用されている。


昨日リハスタで7弦をお目見えしたのだが、
恐ろしく音の分離が良く、さらに音ヌケが良かった。
今までの苦労はなんだったのか!?言うくらいだ。
エフェクターやアンプ、そういった要素では解決できない「何か」は
きっとギター側に問題があるのだ。


10万程度のギターでもこれだけ実感できるのだから、
一度思い切って10万以上のギターを手にとって見るといい。
その際は必ず自分の好みの音に近づくためにも「木材」を吟味するといいと思う。


詳しくはPlayer誌の ギターの木材 » の記事を参考にしてみて欲しい。


関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

メタルコメント

メタルコメントの投稿

 *注意:コメントは現在キーワード制限を取り入れております。

メタルトラックバック

http://gekite2.blog83.fc2.com/tb.php/307-f9abe478

 | 激鉄TOP | 

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓