gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



スポンサーサイト

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

ギター木材の考察。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターには色々な木材が使用されているんですが、
ここいらでもう一度おさらいをかねて、木材の特性などを取り上げてみます。

mahogani.jpg

まずは有名なマホガニー。
ボディ材として使用されることが多いですね。
比重は水を1とした場合0.6なので、浮きます。
音域特性としてはSGタイプのギターでも分かるとおり、
中低音域特性に優れているところ。

ただし、この木材ではアタック感が不足しがちなので、
ピックアップをハムバッカーで使用するか、
トップ材にメイプルなどを貼ることでその欠点を補います。

alderzai.jpg

次はアルダー。
ストラトなんかによく使われていますね。
比重は0.5とマホガニーよりもやや軽い。
中音域特性に優れ、ヴィンテージ材としても有効です。
アッシュ材よりも骨太なサウンドが得られるため、
シングルコイルでも充分な中域の膨らんだサウンドを得られます。

ash.jpg

アッシュはホワイトアッシュ・スワンプアッシュと分けられます。
ホワイトアッシュは強度も高くボディ材として使うと、
低音・高音域特性に優れます。
アタック感も充分で優れたボディ材の一つです。
スワンプアッシュはホワイトアッシュと比べるとやややわらかくなり、
サウンド特性も変わります。
加工性に優れている点が特徴です。
比重は0.7程度と、ちょっと重い材ですね。

basswood.jpg

バスウッドはやわらかく、軽い木材です。
木目は微妙な木目で、ほとんどが木目が見えない色で塗られます。
そのまま何の工夫もなくボディ材として使うと、
腰砕け感のあるサウンドに仕上がるため、
ピックアップや、ボディの形状、その他ブリッジなどで多彩なサウンドとなります。
比重は0.4とここまで紹介した木材のなかでももっとも軽い材です。

以上が主にボディに使われる木材ですね。
産地によって比重やその特性が大きく変わるのも木材の特性です。

木材の比重は、細胞壁レベルまで落として考えると、
1つの細胞壁は等しく1.5の比重を持つと言われています。
なので、比重の小さい木材はその分「内部の隙間」があるというイメージですね。
比重を考えればボディ材としての特性を判断しやすくなると思います。

ギターとして使われる木材は当然、メーカによって厳選されているので、
最終的にはやはり「弾いてみて」感じることが一番大事です。
機会があれば木材ごとに弾き比べすると楽しいですね。
その際は同じボディ形状、PU形式でボディ材以外の要素をなるべく排除して
弾き比べをするとより分かりやすいでしょう。

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

メタルコメント

木材で大きくサウンド特性が決まり、その後、
サウンドの特性をメーカーの思惑通りいじるのが、
PUだったり、ブリッジだったりしますからね。

とりあえずボディ材の好き好みは出ますよね。
わたしもマホガニーボディが好きですね~。

納得

なるほどー
自分の好みが
自然とマホガニーになる理由がわかりました

メタルコメントの投稿

 *注意:コメントは現在キーワード制限を取り入れております。

メタルトラックバック

http://gekite2.blog83.fc2.com/tb.php/500-e24c6289

 | 激鉄TOP | 

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。