FC2ブログ

gekite2.comへ 移転しました!



gekite2.comへ 移転しました!



サスティンか鳴りか。

gekite2.comへ 移転しました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

サスティンか、鳴りか。実は両方を最大限に取り入れることは事実上不可能です。
ボディ材だけで考えると、比重の大きいボディ材を使うとサスティンは伸びますが、
ボディの鳴りは反比例して小さくなります。
つまり「鳴らないボディ」というわけです。


逆に比重の軽いボディ材を使うと、鳴りは素晴らしいが、
サスティンが伸びない、ということになります。


このため比重の大きいボディ材を使いつつも鳴りを実現するために、
ボディ内部に「空洞」を作ったり、ボディを薄く加工したりするわけです。


他にもレスポールのようにトップとバックで木材を分けて、
その特性を変えてコントロールしようとする例もありますね。
ペグ、ブリッジでも当然変わります。

この様々な要素が重なり合って生み出されるサウンドだからこそ、
皆ギターの魅力に取り付かれるのかもしれませんね。


色々な種類、タイプのギターを弾くことで、
まず「耳」が肥えてきますから、同じ種類のギターにこだわらずに
色々と試してみることをオススメします。
ストラトですら、バスウッド・アルダーで音が違いますし、
ローズウッド指板・メイプル指板でも変わります。
テレキャスとストラトはボディ形状だけでなく、主に使われるボディ材も違うので、
その特性の違いは明確でしょう。


さぁ、まずは弾き比べ!

関連記事

この記事をはてなブックマークへ追加する

gekite2.comへ 移転しました!

ランキング参加中 お願いしマス→  
音楽(楽器) ブログランキングへ
ブログランキング

メタルコメント

メタルコメントの投稿

 *注意:コメントは現在キーワード制限を取り入れております。

メタルトラックバック

http://gekite2.blog83.fc2.com/tb.php/501-7d7a449e

 | 激鉄TOP | 

gekite2.comへ 移転しました!

RSS購読で最新記事をもれなくチェック!




ヤフオク検索



最近の記事



月別アーカイブ

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年別アーカイブ一覧

プロフィール

GEN6

Author:GEN6
激鉄鋼鉄三十路ギタリスト。

ギターの演奏技術は並。
上手くは無いので過度な期待はなしで。

Youtube

メインギター
■Ibanez RGD2120Z

ベース
■PLAYTECH EBT-404

予備ギター
■Fender ストラト
■Epiphone SG Express

現在の使用機材
■CRATE BV412
■Marshall M412B
■TightMETAL
■VOX 847A
■Marshall 1987X
■LINE6 M5
■MONSTER CABLE
■T.C Polytune


過去の主な使用機材
Marshall MF350(-2008)
MESA/BOOGIE Dual recto(2008-2009)
POD X3(2009)
KRANK(2009)
Digitech RP355(2009)
CARVIN V3(2009-2010)
Voodoo preamp(2010)
Peavey6505+112(2010)
Randall RM100KH(2010)
POD HD300(2010)
Digitech GSP1101(2010)
Brunetti mille!(2011)
Marshall Class5(2011)
ZOOM G3(2011)
JCA2112RC(2011)
Marshall1987X(2011-)
EVH5150Ⅲ50W(2012)
POD HD Pro(2012-)
BEHRINGER V-AMP PRO(2012-)

Twitterはこっち

検索

あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン

オススメ一覧

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

オススメ本


FC2の広告タグ↓